I TOP I Information I site policy I contact I
since 1962
NARA Young Men's Christian Association

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


風向きを気にすれば種は蒔けない。雲行きを気にすれば刈り入れはできない。
朝、種を蒔け、夜にも手を休めるな。
実を結ぶのはあれかこれか それとも両方なのか、分からないのだから。
2017年度基本聖句 コヘレトの言葉114節・6節~

HOME > 奈良YMCA概要 > 奈良YMCAとは123456789101112

 YMCAとは?

 YMCAYoung Men's Christian Association)は1844年ロンドンで誕生して以来、 全世界に広まり、現在では世界123の国と地域に組織された国際的青少年団体です。
 奈良YMCAは、1962年の創立以来、国際協力、地域奉仕、ハンディキャップ児サポート、体育野外、キャンプ、スイミング、ウエルネス、音楽・芸術、語学教育などの幅広い活動を展開し、心豊かな人々が息づく地域社会づくり、そして人類が共に生きることができる平和な世界の実現のために力を注いでいます。
 ※YMCAは、民法34条法人(財団法人)で、社会教育法第10条により、社会教育団体と認められた団体です。

 奈良YMCA基本原則

 奈良YMCAにつどう私たちは、日本YMCA基本原則の精神に基づき、イエス・・キリストによって示された愛と奉仕のわざを実践し、青少年の精神・知性・身体の調和のとれた全人的成長を願うとともに、平和で民主的な社会の実現をめざします。

私たちは

 1. 人々が互いに尊重し、協力しあって、ともに生きる社会の実現につとめます。
 2. すべての人々が生涯にわたる学びをとおして、自己の成長をはかれるよう、学習の場と機会を提供します。
 3. ボランティア精神を育てる場とネットワークを創り出し、地域と国際社会に貢献します。
 4. すべての生命をいつくしむことの大切さを認識し、人と自然が共生できる地球環境を守ります。
 5. 世界の人々との交流をはかり、難民や発展途上国の困難さや痛みを分かち合い、正義と公正社会の実現に努力します。
 6. アジアにおける日本の歴史的課題を学びつつ、世界平和実現のために祈り、行動します。

 (1998年3月31日制定 奈良YMCA基本原則検討委員会)

 奈良YMCA沿革

 1950年10月にチャーターされた奈良ワイズメンズクラブのメンバーが中心となって、多くの方々のご尽力により1962年5月に市内角振町にその産声をあげました。1970年3月に西大寺国見町に会館を建設し、拠点を西大寺に移して以後、1980年に本館北川に芸術文化・教育センター(別館)、1982年にスイミングスクール、1988年にウエルネスセンター(新館)等をオープンし、今日に至っています。

 この間、青少年指導者の養成、地域社会への奉仕活動、ハンディキャッププログラム、国際協力、国際理解教育、平和教育などを推進し、かつ、健康教育(青少年から熟年世代までのスポーツ・健康事業)、野外活動、音楽教育、芸術教育、語学教育、発達障がい児・者への教育、子育て支援アフタースクール、不登校の子ども達へのフリースクール、また、近年では奈良市より指定管理者として奈良市ボランティアセンターの管理運営、地域貢献としては幼稚園や小学校でのスポーツ指導などを行うなど、会員数3,000名に及ぶ社会教育団体に成長して参りました。
        

1962年  奈良YMCAを発足し、奈良市角振町にて地域の青少年を対象としたプログラムを始める
1967年  財団法人設立の認可を受け登記する
1970年  奈良市西大寺国見町に青少年センターを建設する
1977年  創立15周年事業として花芝センターを開所する
1980年   別館(芸術文化センター)を建設する
1982年  スイミングプールが建設される
1984年  YMCA平和の日(11月第2日曜日)を覚え、第1回目の国際協力街頭募金を実施
1985年  世界の平和を願い、第1回反核・平和の集いを開催
1988年  新館を開所する 1994年 韓国・慶州YMCAとパートナーシップを締結する
1994年  フリースクールを開所する
1995年  阪神淡路大震災救援ボランティアを募集、延べ約1,800名のボランティアが救援活動を実施
1996年  国際・地域奉仕センターを開設する 1996年 秋篠町に新サッカーグランドをオープンする
1996年  奈良市西部生涯スポーツセンター屋内温水プールの運営管理業務を受託する
1997年  発達障がい児・者サポートクラスを開校する
1998年  「奈良YMCAの使命」を制定する
1998年  中国・西安YMCAとパートナーシップを締結する
2004年  国際協力機構(JICA)より青年招へい事業・青年研修事業を受託する
2006年  奈良市ボランティアセンターの指定管理者として選定される
2008年  会員フォーラムを開催、奈良YMCA創立50周年にむけて語り合う
2012年  奈良YMCA創立50周年を迎える
2013年 財団法人奈良キリスト教青年会から公益財団法人奈良YMCAに移行認定

 キャラクターデベロップメントキャンペーン


YMCAでは、私たちの人格を形成する上で大切な価値を次の4つに注目し、活動の中で伝えていくよう努めています。
「キャラクター」とは人格、性格の意味で、「ディベロップメント」は「向上」を意味します。
人が成長していく過程で身につけなければならない価値はたくさんありますが、YMCAは、その中でも人格の向上に大切な価値として「CARING」(思いやり)、HONESTY(誠実さ)、RESPECT」(尊敬心)、RESPONSIBILTY(責任感)の四つの価値に注目し、YMCAの活動を通して子どもたちに伝えていきます。
この運動を子ども達にもわかりやすいように、「やさしい気持ち、笑顔いっぱいキャンペーン」と呼んでいます。

思いやりの心(Caring)
正直になる(Honesty)
できることは自分でする(Responsibility)
人を大切に思う(Respect) 自分のこと、他者のことを思いやること
自分に正直であり、他者に誠実であること
自分の行動に責任を持つこと
自分自身を大切にし、他者を大切にすること

人として生きる上で大切な価値観が失われつつある今、YMCAは多様な個性や生き方・文化を認めながら、価値を明確にして活動することに努めていきます。平和で文化的な社会は、人生の全てのステージにある一人ひとりがこれらの価値を心に留めることによって築かれると信じているからです。

キャプテンケアリング


〈人や自然に対して思いやり、優しい気持ちを持つこと。〉
みんなこんにちは~!僕はキャプテンケアリングだよ。みんなはいつも、お友達やリーダー、そして家族、みんなに優しい気持ちでいることが出来ているかな?“思いやり”・・この素敵な心をいつも持っていようね。


トゥルーディーブルー


〈いつも正しく、正直に誠実な心でいること、人に接する事。〉
みなさんこんにちは~!私の名前はトゥルーディーブルーです。みなさんは、どんなときにも誠実に、そして正直にいることができているかしら?どんな時だって正々堂々と正しく、フェアーにいましょうね。

ビリーティー


〈地球、社会、地域に共に暮らす一員としての責任。
 自分のことは自分でする。〉
みんな~僕のこと知ってるかな?僕は、ビリーティーだよ。みんなは、この「地球」に住んでいる一人の仲間として、ちゃんとルールを守ってるかな~。一人ひとりの“責任”を・・・一緒に守ろうね!

ゴールディールール


〈すべての人を敬い、尊敬しそして受け入れる心。〉
私はゴールディールールです。私たちは、海にいる魚さんたちみ~んなと仲間なんですよ。なぜかって?それはね、きっと回りのみんなを自分のことのように思う優しい気持ちをみんなが持っているからなんですよ。みんなにも「お友達を大切に思う気持ち」を忘れないでほしいわ。